読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くママ、転職します

仕事と子育ての両立に悩んだワーキングママが転職に成功した体験記

働くママの転職活動!ワーママ的転職にあたってのこだわりポイント

ワーキングマザーの転職-転職成功への道 ワーキングマザーの転職

ワーキングママの転職ストーリーもくじです。

【まとめ】ママの転職ストーリー:目次 - 働くママ、転職します

 

働くママはどのように転職活動を進めていけばいいのでしょうか。

 

男性や独身女性とくらべても圧倒的に自由な時間が少ないワーキングママ。
転職も計画的にしないと子供や家族にも負担をかけます。
自分にも無理が出てしまいます。

 

そのうち転職する気力が萎えてしまいかねないので、私は無理のない程度にじっくり進めることにしました。

転職の決心から仕事が決まるまでの流れ

f:id:nhira:20161126144532j:plain

私が仕事を決めるまでの流れは、このようになっています。

  • 求人サイトで仕事探し&情報収集
  • 転職エージェントに登録し面談
  • 紹介された求人から選んで面接

あっさり書いていますが、なかなか採用されずに途中で気持ちも折れ、転職するまでに3か月かかっています。

 

転職活動する際に希望した条件

どんな条件で働きたいか、という条件を決めておきます。
やみくもに何でもかんでも追加すると、選べる仕事がなくなってしまいますから、これだけは、という譲れない条件だけを軸にし、あとは柔軟に対応します。

逆に、何をしたくないかもはっきりとさせておくべきです。でないと、前職と同じ状況に陥ってしまい、同じ悩みを再度抱えることになりかねません。

 

子育て女性が働きやすい条件と職場環境・・・同じように正社員で働くママがいる会社。

基本定時退社、土日は休み、など勤務時間でも希望アリ。

正社員・・・ひとまず正社員で頑張ってみます。というのも、今の目的は職場環境を変えて働きやすい職場を探すことだからです。一度パートにしてしまうと、次に正社員に戻るのは難しいのでは?

万が一、「女性が働きやすい」と自分で判断して選んだ転職先が、やっぱり自分にとって育児や家庭との両立をしづらい環境だったとしたら、そのときは転職に対しての自分の考え方や求めるものに無理があるはず。パートにするなり何かをあきらめるなりするつもりでした。

給料はこれまでと同等に欲しい・・・欲ばりですが、きっちり働くからには年収も激減させたくはありません。

その理由もあって正社員を希望しています。

時短勤務は必要なし・・・通勤時間1時間以内であれば、時短勤務はこれまでと同様必要ありません。時短勤務を希望してしまうことにより選択肢が狭くなるかもしれないので、リスクを減らしました。

 

こんな条件を軸にして、仕事探しをしていきました。