読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くママ、転職します

仕事と子育ての両立に悩んだワーキングママが転職に成功した体験記

働くママの育休期間。復職するときの不安やゆううつな気持ちを解消するためにやったこと<月1報告>

ワーキングマザーの転職-転職成功への道 ワーキングマザーの転職

産休・育休を取得する際の不安。

  • 2年間も仕事を休んだ後に復職する時、自分がこれまでのようにしっかり働けるのか?
  • 仕事と育児を両立できるのか?
  • 職場に迷惑をかけないか?

私の中では心配が尽きませんでした。

 

前記事はこちらです。

mama-tensyoku.hatenablog.jp

 

そこで、復職時のブランクを少しでもなくすために、上司と相談して決めたのが「月1報告」です。

 

育休中の不安を減らす対策。月1報告とは

f:id:nhira:20161120022057j:plain

少しでも職場とつながっていられるように、育児休業中にメールでお互いの状況を月1回のペースで連絡することを上司が提案してくれたものです。

私から上司へ近況報告

家族の健康状態、子育ての様子、興味を持って取り組んでいる自己研さんや社会話題などをレポートにして送付。

えぇ、そんなこと報告する必要あるの?っていうかそんなことをレポートにしてたの?と思われるかもしれませんが、レポートの内容なんてはっきり言って何でもいいのです。上司だって知りたいわけじゃないでしょう。

ただ、私が会社を休んで育児をしている、ということを自覚するきっかけになればいいのです。

実際に、仕事のことを思い出すのは、この月1回レポートを書くときだけでしたが、上司にレポートを送ることで、会社を休んで子育てしていることを思い出し、気が引き締まりました。 

上司から私への連絡

一応、業界の最新技術を開発している部署だけあって、仕事の内容については一切情報がありませんでした。機密情報っていうことです。分かってはいたけど残念、でも仕方ありません。

送られてきたのは、部署内の異動など人事情報、社内の大きな行事など限られた情報、福利厚生のパンフレットなど…(悲)。職場で何の仕事が進んでいるのかなんてまったく分かりません。

まぁそれでも、上司の一言添えられたメールから緊張感と励ましを受け取っていました。

 

ちなみに、私が上司に送るメールはGmailの個人アドレス。上司から送られてくるメールは会社のアドレスでした。

休業中、子育てサイトのメルマガかネットショップか夫ぐらいとしかメールをやり取りしない私にとって、会社からのアドレスというだけで気持ちがピリッとしたのを覚えています。